新着記事
[PR] 【楽天市場】ダイエット・健康 売れ筋ランキング


2012年06月12日

夜食を食べると肝臓のリズムが狂う!

夜食などで不規則な時間に食事を取ると、肝臓の「時計遺伝子」のリズムが乱れ、正常に機能しなくなることが分かったそうです。
名古屋大の研究グループがラットを使った実験を行ったところ、
活動期(ラットの場合は夜)にインスリンを与えると時計遺伝子は正常な動きを示したが、休息期では異常な状態になり、時計のリズムが狂ったそうです。

専門家はインスリン自体が時計遺伝子に与える影響があるかどうかに着目しているようですが、
一般の人々にとってみれば、夜食で太りやすくなることへの関与に関心があつまります。
今後の研究成果に注目です。

夜食はいろいろと弊害が多いようです!
タグ:肝臓



【合わせて読みたい「健康ニュース」の関連記事】
posted by 健康アドバイザー at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック