新着記事
[PR] 【楽天市場】ダイエット・健康 売れ筋ランキング


2012年07月29日

高齢の方は熱中症に特にご注意ください!

最高気温が40度近い日が続いてます。
熱中症にかかった方のニュースが毎日放送されています。

統計によると幼児や65歳以上の方が熱中症にかかる割合が多いそうです。
体温調節機能が不十分なためのようです。

汗をたくさんかいと後に、頭痛やめまい、吐き気や脱力感などを生じた場合は熱中症にかかった可能性が高いです。

その場合は、まずは急いで涼しくて通気のよいところにいって体温を下げてください。
そのあとで水分を少しずつ飲んでください。
冷たい水を一気に飲むとお腹に負担がかかって、かえって気分が悪くなることがあります。

熱中症は予防対策が大切です。
一番は体温調節です。衣服の調整や涼しい場所への移動などです。
二番目は小まめな水分補給です。真水が一番いいと思います。
汗を沢山かいたときは塩分も補給してください。

まだまだ暑い日が続きます。
くれぐれもご自愛ください。
タグ:熱中症



【合わせて読みたい「健康ニュース」の関連記事】
posted by 健康アドバイザー at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック