新着記事
[PR] 【楽天市場】特典付きキャンペーン|エルセーヌ


2007年10月21日

ごはんは低脂肪のダイエット食品です

塩や油を加えてつくるパンや麺と比べて、ごはんは低脂肪・低エネルギー・塩分ゼロの主食です。

一時、ごはんを食べると太ると言われた時がありました。
ごはんは体のなかでブドウ糖に変換され、インスリン値を上げて、肥満を促進すると言う理論です。

このため、主食をごはんからパンに変えた方も多いかと思いますが、これは間違いです。
食べ方によってはパンの方がずっとカロリーが高くなります。

ごはんに合うおかずというのは、食物繊維が豊富にとれる日本食です。
結果的に、ごはんを食べることでメタボリックの発症が抑制されるのです。
ごはんを見直しませんか。

★美味しいお米ランキング★

といっても、カツ丼、親子どんぶり、牛丼はカロリーが高く、太りやすい料理ですので、あまり多く食べない方が良いでしょう。

野菜を生で食べるサラダは、たっぷり食べたつもりでも意外と野菜の摂取量は少ないものです。おひたしや汁物、炒め物、煮物など、加熱することで大量の野菜を楽に食べられる野菜料理の豊富さも、日本型の食生活の特徴です。



【合わせて読みたい「ダイエット食品」の関連記事】
posted by 健康アドバイザー at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。