新着記事
[PR] 【楽天市場】特典付きキャンペーン|エルセーヌ


2007年12月14日

食べながら内臓脂肪を減らす

食べながら内臓脂肪を減らす方法をお教えします。

そんなうまい話があるの?って思われた方が多いと思いますが、理論的に可能です。
ポイントはインスリンです。

インスリンは血糖を低下するホルモンです。
しかし、このインスリンには同化という作用もあります。

インスリンの同化作用
インスリンは糖を脂肪組織に脂肪を蓄積する作用があります。
食物から摂取した糖を脂肪に変換して細胞の中に蓄積する作用を同化といいます。

インスリン分泌のコントロール
インスリンは食後に分泌されます。
摂取した食物の炭水化物が分解され糖になります。
これにより血糖値が一気に高くなると、すい臓からインスリンが分泌されます。

食べて痩せるポイント
お待たせしました。
食べて痩せるポイントはインスリン分泌のコントロールです。
食後のインスリン分泌を一気に上げないことがポイントです。
以下に示したインスリンを一気にあげない食事をとるようにすることで、内臓脂肪が溜まりにくくなるんです。

インスリンを一気に上げる食事
お米や麺類などの炭水化物は血糖値を一気にあげます。
チョコレートやお菓子はもっと血糖値をあげます。

インスリンを一気に上げない食事
肉や魚などの蛋白質、脂質類は糖質に変わる割合が少ないので、インスリンを上げない食事です。

食事のウォーキングでインスリンを下げる
食後に軽いウォーキングをするだけで、糖質がエネルギーとして使われ、インスリンが上がりにくくなります。


いかがですか?
食事を選ぶだけで意外に簡単にダイエットできるんです。



タグ:内臓脂肪



【合わせて読みたい「ダイエット理論」の関連記事】
  • 効率的なダイエット「ケトン体ダイエット」
    最近ケトン体ダイエットという言葉を良く耳にするようになりました。 マイクロダイットからこのケトン体ダイエットが詳細に紹介されています。 それによると、 ダイエット開始から2週間ほどの間、..
  • 体内時計のリズムを正してダイエット!
    規則正しい睡眠とダイエットが関係あるという報告が最近多くなってます。 ではなぜ規則正しい睡眠をすることでダイエットできるのでしょうか。 その秘密は、体内時計にあるようです。 体内時計が不規則..
  • 甘いものがますます食べたくなる法則
    甘いものが際限なく食べたくなる人がいるようです。 その理由は、甘みセンサーが鈍感になっているせいです。 最近の研究で、太った人は、舌の甘みに対するセンサーの感度が鈍ってきて、 甘いものを沢山..
  • 水を飲むと痩せます
    よく水太りを気にする人がいますが、それは間違いです。 「バージニア工科大学の研究では、肥満のグループに、毎食前450ml程度の水を飲んでもらったところ、3ヶ月後には、水を飲まなかったグループに比..
  • コレステロールは悪くない!?
    健康診断で血中コレステロール値を測定していると思います。 みなさんは大丈夫ですか。 しかし、ここにきてコレステロールは必ずしも下げなくて良いという報告がされ、話題になっています。 日本脂..
  • 食べても痩せるメカニズム発見
    好きなだけ食べても、普通より痩せているという人を時々みかけます。 もし、同じような体質になれるとしたら・・・ これを期待させる新しいメカニズムが発見されました。 Cell Metabolis..
  • 8時以降は食べない
    最近の研究で、脂肪を取り込むための蛋白が夜になると、血中に増えてくることが分かりました。 この蛋白は、食事中の脂質を脂肪細胞のなかに運送する働きがあります。 夜8時以降になると急激に増えてきますの..
  • ダイエットをするから太る
    あなたはダイエットをしてリバウンドでかえって太ったという経験はありませんか。 そうです、いわゆるリバウンドです。 ダイエットする前は太っていたけど、食べてもそれ以上は太らなかったことはないです..
  • ダイエットのときの食事のポイント
    ダイエットの基本はカロリー摂取量を減らすことですが、幾つか注意するポイントがあります。 ◇無理な食事療法はダメです 日常生活のなかで食事を抜くダイエットは体に良くないです。 絶食したとに体重..
  • ダイエットが成功しない原因「慣れ」、「慣れ」の克服方法とは!
    ダイエットが成功しない原因の一つは、慣のためです。 肥満にはエクササイズが効果的ですが・・・ 運動を始めて順調に落ちてきた体重がピタリと減らなくなった経験をされた方は多いのではないでしょうか..
posted by 健康アドバイザー at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。