新着記事
[PR] 【楽天市場】特典付きキャンペーン|エルセーヌ


2012年07月25日

ポリアミンが動脈硬化を抑制

動脈硬化は慢性的な炎症反応であることが分かってきました。
炎症のものとになっているリンパ球が活性化し細胞表面にLFA-1を発現します。
一方、血管内皮細胞でもICAM-1とうたんぱく質を細胞表面に発現します。
このLAF-1とICAM-1が結合することにより、リンパ球が血管内皮細胞中に浸潤します。
浸潤したリンパ球は脂質を食べて泡沫化して蓄積し動脈硬化層をつくります。

★楽天市場のポリアミン商品★

老化にともない血中ポリアミンが減少します。
血中のポリアミンが減少することで、リンパ球のLAF-1の発現量が増えてくることがわかってます。
つまり、ポリアミンが少なくなることで動脈硬化が促進されているこことが考えられます。

年取っても大豆などを摂取すること、血中のポリアミン濃度を高濃度に保つことができます。
つまり、大豆、キノコ、ヨーグルトなどのポリアミンを沢山含む食事を摂ることで、
動脈硬化を抑制することができるわけです!

★楽天市場のポリアミン商品★


posted by 健康アドバイザー at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポリアミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポリアミンと老化との関係

ポリアミンは老化につれて体内での合成量が減少してくるので、
老化と関係があるのではないかと考えられています。

★楽天市場のポリアミン商品★

実験動物にポリアミンを大量に摂取させて老化との関係を調べた研究があります。
Soda K :「Polyamine-rich food derease age-associated pathology and mortality in aged mice」Exp Gerontology 44: 727-732.2009

この論文によると、高齢のマウスにポリアミンを沢山含んだ飼料(ポリアミン濃度が二倍程度)を与えると、
血中ポリアミン濃度が上昇するとともに老化に伴う組織変化の進行が抑制されマウスの寿命が伸びたそうです。

ポリアミンの生理作用としては、
細胞分裂や増殖の制御( ポリアミンがないと細胞分裂や増殖は行えない)や、
RNAなどの核酸、タンパク質などの合成促進 ( 生体内では前立腺、膵臓、唾液腺など、精子や酵素を作る組織に多く含まれる)
が報告されています。

ポリアミンが生体が生きていくうえで大変重要な役割を演じているようです!

★楽天市場のポリアミン商品★




posted by 健康アドバイザー at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポリアミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポリアミンとは

最近「ポリアミン」という言葉がよく聞かれます。
ポリアミンは300年くらい前から注目され研究されてきました。
代表的なポリアミンとしては、スペルミジン、スペルミン、プトレスシンがあります。

ポリアミンは、大豆、キノコ類、ヨーグルトに多く含まれます。
日本人は大豆を沢山食べてきたので動脈硬化になりにくかったといわれています。

ポリアミンは加齢によって体内合成が減少します。
高齢者はポリアミンを沢山とることで、免疫細胞内のポリアミンが増えてきて、動脈硬化になりにくくなるといわれています。

ポリアミンは健康維持に大変重要な物質です。
今後、ポリアミンに関する話題を沢山とりあげていきたいと思います!
★楽天市場のポリアミン商品★
タグ:ポリアミン


posted by 健康アドバイザー at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポリアミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。